Q1.1クラス何人ですか? 

4名です。講座・テスト対策は多人数でやることもあります。
導入は一斉で残り時間は各自の進度に合わせて。


Q2. 授業はどのように進めますか?

基本的には、各学校の授業進度に合わせて行います。
導入部分は、黒板で一斉(最大4人)にやりますが、その後の授業は各個人の理解度に応じて個別に進めていきます。
4人クラスですので一人一人の手元を見ながら、基礎力をしっかりつけていくことができます。


Q3. 教材は何を使いますか?

教科書の準拠版(1冊¥1,000程度)と、個人の学力に合わせた副教材を用います。
副教材は各自の学力に合わせて教科書または他の問題集を使います。
学校での授業内容をしっかりマスターした上で、副教材で実力養成に取り組みます。
要は教え方!!


Q4. 苦手な教科の場合は、1年2年の復習もしてもらえますか?

英・数・国は系統学習ですので、理解できていなければ小学生の学習内容まで逆上ることもあります。
また、学校の授業にもついていかなくてはならないので、時間配分は分野によって異なりますが、
復習がしっかりできるよう、宿題内容も考えて授業を行っています。


Q5. 学校の授業が物足りない場合は先に進めてもらえるのでしょうか?

得意科目については、どんどん伸ばしてあげたいと思います。
本人がやる気を持って臨んでいる以上、好奇心、向上心が失われないよう、先取り授業も行っています。


Q6. (うちの子は)とても出来ないのですが、4名のクラスでも大丈夫ですか?それとも1名クラスがいいですか?

“遅れを取り戻したい”という気持ちがある生徒さんは1名クラスが有効です。
本人のつまずきに徹底して合わせた授業が行えますから。
その上で、4人クラスの中でもついていけるようになれば、学期の途中からでも4人クラスへ移動できます。
先生と生徒、保護者の話し合いの上で進めていきます。


Q7. 小学生の英語はどのように行われていますか?

英会話(45分)と文法(45分)に分かれています。
英会話では自己紹介や挨拶をはじめとして、日常会話を中心に近い学年同士で授業を行います(日本語での説明も交えます)。
文法では、英語検定や、中学校英語を意識しながら、書くことを中心に文法の勉強を進めています。
“英会話はやったのに英語ができない”という声を中・高生の保護者の方からよく耳にしますので、
英会話と文法のギャップを少なくしていけるように同時並行でやっていますが、英会話のみ、文法のみの受講でも構いません。


Q8. 中学受験の場合、クラスはどうなりますか?授業内容はどうなりますか?

私立中学校は、試験の傾向が各学校によって異なりますので、受験中学に応じて問題を用意しながら進めます。
本格的な準備は小6からでも十分間に合いますが、苦手教科をもっている場合は、早めの取り組みが必要です。
1クラス4人なので通常クラスでも大丈夫ですが、生徒の希望中学や学力によっては、受験クラスで進めていきます。


Q9. 学期の途中ですが入塾できますか?その場合、クラスはどうなるんですか?

途中入塾でも大丈夫です。
いつでも学校の授業進度に沿って学習していますので、皆に遅れをとることはありません。
ただ、それまでの復習が多く必要と思われる時は、週2回の授業をお勧めします。
復習と現在の授業内容の両方を早くに自分のものにすることが可能です。


Q10. 途中からでもついていけますか?

先取り学習でどんどん進めていくわけではありません。
“わからないところからスタート”です。基本を大切に、実力をつけていくのが斉ゼミのスタイルです。


Q11. 浪人生でも入塾できますか?

浪人生でも、大検受験予定者でもO.Kです。
年齢も問いません。斉ゼミからは、これまでに大検に合格し、そこから大学受験した生徒や、
専門学校.大学で看護士の資格をとり現場で活躍している“お母さん”達も卒塾していきました


Q12. テスト対策はやってくれるの? 

中学生は5科¥4,000で各教科1.5h。
高校生は生徒の希望する科目をやります。評定をしっかり取り入試の幅を広げます。


Q13. 塾外生でも各検定・定期テスト対策・各講習等は受けられますか?

中学、高校生は、各学校の定期テスト対策を各学校の問題傾向を分析しながら、
先生達が手作りの予想問題を作成し、毎回行なっています。
塾内生は、もちろん全員参加で頑張っていますが、塾外生でも希望者はрナ申し込みいただけます。


Q14. 春・夏・冬期講習は受講しなくてはいけませんか?大人数で行うのですか?

通常授業では、学校での学習内容を理解するので精一杯の生徒がほとんどですが、
高校入試、大学入試を狙う生徒は日頃から、それに向けての実力をつけることが必要です。
その為にも、春.夏.冬期の講習は欠かすことができません。
入試では、学校での試験問題以上のレベルの問題が出題されるわけですから、是非受講することを勧めています。
又、8月は、通常授業の替わりとして、夏期講習を行っています。毎日続けることで、学習効果が一層大きくなります。


Q15. 小学生の時間割を教えてください。

多くの小学生が、塾以外の習い事をしています。
ですから、早目の授業時間帯よりは5:15〜6:45分の時間帯が、主流になっています。


Q16. 英検等の対策はしてもらえますか?

英検.数検の対策は、検定日の2週間前から級平均4回ほど行っています。
通常授業と対策で、これまで高3生英検準1級、高2生2級、高1生準2級などの合格者を出してきています。


Q17. 授業の曜日・時間は希望を聞いていただけるのか?

新学期は4月です。
3月中旬にクラスを決定しますので、それまでに入塾している生徒は、ある程度曜日、時間帯の希望に添うことができますが、
途中入塾の方は、時間割のあいているところで、お願いしています。
どうしてもやむを得ない事情がある場合は、他の生徒との合意の上で、クラスを交替してもらっています。
(授業の効率化を図るためにも、クラス編成は塾側で決めたものを優先していただけると有難いです。)


Q18. 欠席した場合は振替してもらえますか?

病気、学校の行事、忌引き、の場合は振替を行います。旅行、遊び等の場合は振替しません。


Q19. 月謝は振り込みですか?

振込みではなく、集金袋を生徒に渡します。


Q20. 1教科のみの受講は可能ですか?

1教科からの受講OKです。
例えば、小学生で理科のみや、1つの教科を2回取ることも可能です。
途中から、受講教科を増やすこともできます。


Q21. 内気で質問のできない子だけど大丈夫?

講師が手元をしっかり見ながら途中の考え方、答えの導き方をチェックしていますので、
どこができないかは講師が把握できています。


Q22. 時間外に質問できる?

授業時間以外でも、いつでも塾で質問できます。
早く来て自習しながら質問O.K。夜残って質問O.K。塾を有効活用して下さい。


Q23. 同じ先生が全教科教えるの?

斉ゼミは全教科に対応できるよう専任講師を揃えています。
教科によって先生が違うのが普通です。講師全員で一人ひとりの生徒に関わっていきます。


Q24. 補習塾?それとも進学塾?

学校の授業でわからない所を丁寧に教える補習塾であり、同時に志望校への合格をバックアップする進学塾です。
完全少人数制というシステムがそれを可能にします。




その他質問、お問い合わせなどはこちらから

質問ページへ戻る























直接ここに来た方はこちらかたTOPへ







塾 本庄 斉藤ゼミナール